News ブログ最新記事

2019-04-01 New

新年度のスタートにあたって

2019-04-01T12:14:55.jpeg本日4月1日より、東京都平成31年度予算が執行されました。学校体育館へのエアコン設置、不妊検査・治療費の年齢制限や所得制限の緩和、新生児聴覚検査の体制整備促進など福祉や医療、防災対策を始めどれも都民生活に重要な予算です。 先週(3月28日)行われた都議会定例会では、自民党や共産党はこの予算案に反対しましたが、公明党などが賛成し可決成立したものです。 また、保護者の体罰を禁止する内容を含む「東京都子供への虐待の防止等に関する条例」が成立。児童福祉司の増員など児童相談所の体制強化も図り、児童虐待の根絶に総力をあげて取り組んで参ります。

2019-02-28

不育症検査費を助成へ

2019-02-28T23:39:38.jpeg昨日、東京都議会第1回定例会の本会議で、一般質問に立ちました。 特に、妊娠しても流産や死産を繰り返す不育症に関し、適切な検査や治療で約8割が出産可能とされている現状を紹介。出産を望む人たちのため、「不育症の検査、治療への助成制度を一日も早く創設すべきだ」と訴えました。 小池百合子知事は、不育症検査への助成について「来年度内の実施をめざす」と答え、年齢、所得制限などの検討を進めると表明。本日の新聞各紙で取り上げられています。

Report 活動記録


2017.03.05

女性の視点で政策実現

 公明党の古屋範子女性委員長(副代表)と竹谷とし子女性局長(参院議員)は5日、東京都中野区内で、今月8日の「国際女性の日」を記念して開かれた党都本部女性局(まつば多美子局長=都議、都議選予定候補=杉並区)の街頭演説会に参加し、高倉良生都議(同=中野区)……


2017.02.28

都政・議会改革をさらに

 東京都議会は28日、第1回定例会の本会議を開き、公明党から、代表質問に立った、まつば多美子議員(都議選予定候補=杉並区)は、公明党が主導した議員報酬削減など「身を切る改革」をはじめ、間断なく議会改革を進めると強調した。豊洲市場(江東区)への……